大屋根型温室

Supreme netafim greenhouse

大屋根型温室はプラスチックフィルム等の被覆材を使用し、幅広い作物栽培に適用できます。夫々独自の保温構造を付与する事もできます。
 
幅広いA型形状の屋根は換気効率が高く、充分な光透過率が得られる理想的な構造をもっています。
 
ポリエチレンフィルム張の温室では、PVCやアルミ製の接続部材を使って軒と棟、横梁と天窓の間でフィルムを展張します。
 
大屋根型温室は、風荷重で風速150km/時、鉛直荷重40kg/㎡に耐える様に設計されています。
 
  • 間口: 9.6m
  • 軒高: 最高 5.0mまで
  • スパン長: 最長 5.0mまで