熱帯気候用施設

Netafim greenhouse tropic structure

熱帯気候用施設は、極度の高温多湿の生育条件となる熱帯地域などの為の施設として設計されています。
 
熱帯気候用施設では、地域特有の雨季の間に雨樋が水で溢れない様に、大きな雨樋を採用しています。また、雨の荷重に耐えられる様に、耐鉛直荷重を強化した構造となっています。
 
ポリエチレンフィルム張の温室では、PVCやアルミ製の接続部材を使ってフィルムを展張します。風荷重で風速150km/時、鉛直荷重40kg/㎡に耐える様、設計されています。
 
  • 間口: 6.4m 
  • 軒高: 最高 4.75mまで
  • スパン長: 4.0m